口の中を清潔に

口臭を気にするあまり、必要以上の口の中のお手入れは必要ありませんが、口臭の原因がどんなものであれ、口の中を清潔にするのは基本中の基本です。毎日歯を磨かなかったり、歯と歯の間にいつまでも食べカスが挟まっているようでは、口臭以前にエチケットの問題になってきます。

歯磨きと舌磨き

歯垢や歯石がたまると、口臭の原因になります。舌苔がたまりすぎても口臭の原因になります。歯磨きをきちんとすることで、歯垢を取り除いて歯石にならないようにしていかなければいけません。

だからといって、力任せにゴシゴシと磨いている人もいるようですが、そんな磨き方をしていては歯茎から血が出てしまったり、傷をつけてしまったり、良いことなどありません。最初は柔らかめの歯ブラシを使って、優しくマッサージするように磨いていきましょう。歯と歯の間はしっかりと、汚れが落ちるように細かく動かして磨きます。歯間ブラシを使うのもいいでしょう。舌苔を落とすための舌磨きも行いますが、これは舌苔の状態を見て行いましょう。毎回する必要はありません。なぜなら、別な項でも述べているように、ある程度の舌苔は健康な状態でもついているものなのです。柔らかい歯ブラシや、舌専用のブラシを使って優しく苔を取るようにします。

磨きすぎ注意!

歯の磨きすぎ、舌苔の摂りすぎはよくありません。反対に口臭をひどくしてしまう場合があるからです。口の中を必要以上に清潔にしすぎると、唾液の分泌量が減ってしまい、結果的に口臭がするようになってしまいます。過ぎたるは及ばざるが如しです。何事もほどほどにということです。

 

歯の治療

虫歯があるとどうしても口臭がしてしまうものです。虫歯を放置したり、治療途中のまま歯医者に行かなくなったということはありませんか? 虫歯になると、歯に穴が開いた状態になっています。そこに食べカスが入り、細菌によって分解されて発酵し、かなりの悪臭がするようになってしまいます。治療しないでいると虫歯はどんどん進行します。痛みが出てくることもありますし、口臭だけではなく、最終的には大切な歯を失ってしまうことになるかもしれません。虫歯が軽度の段階で、早めに治療するのがベストでしょう。

 

入れ歯や差し歯の手入れ

入れ歯や差し歯は、自分の歯ではないので汚れがたまりやすく、そのため口臭もしやすいといえるでしょう。若くても、部分入れ歯にしている人もいるでしょう。つけたまま歯磨きしていませんか?きちんとはずしてしっかりと汚れを落としましょう。

また、夜眠るときには入れ歯をはずして眠りましょう。つけたままだとどうしても口臭がしてしまいます。入れ歯専用の洗浄剤や歯ブラシもありますので、しっかりと入れ歯のケアをしなければ、いつまでたっても口臭は改善されません。差し歯やブリッジで口臭がする場合、歯茎などにきちんと適合していないため、歯磨きがしっかりできずに歯茎との間に汚れがたまり、口臭が起こると考えられます。これもやはりしっかりとしたブラッシングが必要です。あまりにも汚れがたまる場合には、一度歯科医に相談して、きちんと合った差し歯を入れるようにしましょう。

 

COLUMN〜磨いている『つもり』

自分でしっかりと歯磨きをしている『つもり』でした。ですが、『つもり』は、やはり『つもり』でしかなかったのです。歯磨きをしたあと、磨き残しを赤く染めてくれる試験薬で試してみました。

結果は……見事に歯と歯の間が真っ赤でした。その後、赤く染まった歯を磨くのに大変な思いをしましたが、反対に、赤く染まった部分がちゃんと磨けていなかったのだから、汚れを落とすにはどうやって磨けばいいのか、赤い色を落としながら知ることができました。この試験薬はドラッグストアのデンタルコーナーなどで販売されていますので、一度試してみてはいかがでしょうか。