口臭の予防

口臭の原因をすれば、予防することも可能になるでしょう。これまで取り上げてきた様々な原因と対策を頭に入れ、口臭がしないような心がけも必要です。ここで取り上げるのは、努力するまでのものではありません。日常生活の中に取り入れていくだけでいいのです。

うがいをする

うがいは水や塩水、うがい薬を用いて喉をすすぎ、口の中に残っている食べカスや細菌を取り除く行為です。口臭の原因が分かっていれば納得できますね? 口臭の原因になる食べカスや細菌を取り除いてくれるのですからとても効果的です。

風邪の予防にもなりますので、一石二鳥です。自分の健康管理のためにも、外出から戻ったあとだけではなく、食事の後にもうがいをする習慣をつけましょう。けっして難しい予防法ではありません。うがい薬を使用する場合、殺菌消毒用のものと、喉に痛みがある場合に使う、鎮痛消炎用がありますので、消毒殺菌用を使うようにしましょう。口内炎がある場合にも効果的です。

 

お茶を飲む習慣をつける

お茶にはポリフェノールの一種のフラボノイドカテキンが含まれています。カテキンの効果は、体の中で悪臭のもとになるものが作られる前に止める働きがあり、強い抗菌作用もあるため、口の中にいる雑菌を消す効果がとても高くなります。フラボノイドには消臭効果があり、物を食べたあとに飲むお茶は口臭予防にもなるということです。臭いに作用する成分が多い順に、緑茶、ウーロン茶、紅茶になります。

虫歯が原因の口臭

虫歯が原因で口臭がしている場合、緑茶ではなく、ウーロン茶がお勧めです。虫歯や歯周病の菌を抑えてくれる働きがウーロン茶にはあります。ウーロン茶にならんで、紅茶にも虫歯予防の効果があることから、食後にお茶を飲む習慣をつけるといいでしょう。

今すぐ口臭を消す!

マウススプレーなどを使わずに、今すぐ根こそぎ口臭を消したいときは、お茶の出がらしを使いましょう。口に入れてガムのように噛む事で、素早く口臭を消してくれる効果があります。

 

よく噛む

食べ物をよく噛むことで、唾液の分泌がよくなり、消化を助けます。それだけではなく、唾液の中にはリゾチームという酵素があり、細菌の細胞壁を溶かして破壊する働きもあります。それでも生き残った菌は食べ物や唾液と一緒に飲み込まれ、胃液によって破壊されてしまいます。唾液が少ないと、口の中の自浄作用が低くなり、口臭がしてしまうというのは、こういうことだからなのです。

 

食生活の改善

口臭を予防したいのであれば、アルカリ性食品を多く摂るようにしましょう。カルシウムやナトリウム、カリウムを豊富に含む海藻類や緑黄色野菜です。青汁や野菜ジュースで代用してもかまいません。更に、硬いものや繊維質の物を多く摂ると、必然的によく噛んで食べることになるので、唾液の分泌が促されることになります。また、食べるときは腹八分目までにとどめ、寝る2時間前からは食べないようにして、胃をゆっくりと休ませてあげなければいけません。口臭予防にもなりますし、健康的な食生活も取り戻せるのです。

アルカリ食品と酸性食品

大きく分けると、緑黄色野菜や海藻類がアルカリ性食品、肉類などの動物性たんぱく質は酸性食品になります。どちらに分類されるかは、食品を燃やしたときの灰が、アルカリ性なのか酸性なのかで分かれます。食品そのものがどちらに分かれるかではなく、体内に入って燃焼したときの性質によるのです。分かりやすい例を挙げると、梅干はとても酸っぱくて酸性のイメージがあります。実際、リトマス試験紙につけると酸性を示します。ですが、梅干を燃やした灰を水に溶いてリトマス試験紙で調べるとアルカリ性をしますのです。こうしてアルカリ性食品なのか、酸性食品なのかが分かれて生きます。