口呼吸をしない

口臭があってもなくても、口で呼吸せずに、鼻呼吸をしましょう。本来哺乳類は鼻で呼吸をするものです。私達人間が口呼吸をするのは、言葉を喋ることができるからです。それで鼻でも口でも呼吸が可能になっているのです。でも本来、呼吸は鼻でするものですから、口でするということは、何かしらの弊害が出てくるのです。

口で呼吸をすると何故口臭が?

口内に口臭の原因がある場合、その治療とケアを行いますが、普段から口呼吸をしている場合、その原因を取り除いても口臭が消えない場合があります。それはどうしてなのでしょうか。

口で呼吸をしていると、唾液の分泌量が減って、くちの中が乾燥しがちになります。くちの中には数え切れないほどの細菌がおり、口臭の原因にもなっています。口呼吸のせいで唾液が少なくなると、唾液に含まれる免疫成分がなくなるため、口内の抵抗力も落ちてしまいます。口臭の原因になる舌苔が増えたり、口臭ばかりではなく、口内炎などもできやすくなります。

 

鼻呼吸をしよう

普段口呼吸している人に言わせると、鼻アレルギーがあるから鼻では息ができない、息苦しくてできないという人が多いようです。では、どうしても鼻呼吸ができないものでしょうか。

食べ物を食べているとき、飲み物を飲んでいるときは誰もが鼻で呼吸しているのです。意識するので不自然に思え、できないとなってしまうのでしょう。意識しすぎるので呼吸に違和感を覚えるのです。少しずつでもいいので、鼻で呼吸する練習をしていきましょう。鼻で呼吸できるようになると、いびきもなくなります。湿った綺麗な空気を取り込むことができますし、乾燥した空気やホコリなどもシャットアウトできます。何よりも、口呼吸をするより、鼻呼吸をした方が体に取り入れられる酸素の量が違います。本来人間は鼻で呼吸をするものです。きっと意識しなくても鼻呼吸ができるようになるはずです。

 

正しい口の閉じ方

口内環境を整えることの一つに、口の閉じ方も左右するということを覚えておきましょう。口呼吸をせずに閉じているからといって、唾液の分泌や環境が良くなるわけではありません。正しい口の閉じ方をすることによって、必然的に鼻呼吸になり、くちの中の環境も変ってくるでしょう。

さっそくですが、自然にくちを閉じたとき、くちの中の状態はどうなっていますか?正しい口の閉じ方は、前歯は上下が触れない程度に自然に開き、舌も力を入れずに下前歯の後ろに自然に収まっている感じです。口の中には空気が含まれた状態になるでしょう。口内環境を考えるのであれば、間違ったくちの閉じ方をしないことです。歯をかみ合わせてしまうと、どうしても舌が口の上の部分に密着する形になってしまいます。こうすると、くちの中に隙間がなくなり、菌が繁殖しやすくなってしまいます。

分かりやすく言うと、舌の中央に小さな飴玉一個を入れた状態くらいの隙間がいいでしょう。自分がくちを閉じている状態など、今まで気にも留めなかったでしょうが、改めて確認してみると、案外間違った閉じ方をしているものです。さっそく確認してみましょう。

 

口臭がある人のマナー

口臭があると、人と話すのが嫌になるものです。普段気にするほどの口臭がなくても、臭いのきつい食事の後などにはやはり相手のことを考えてあげなくてはいけません。人と会う前には歯磨きをし、それが無理であればマウスウォッシュマウススプレーを使いましょう。

事前に人と会う約束があるのであれば、臭いのきつい食べ物は避けるべきです。ずっとくちを閉じていると、次にくちを開いたときに、それまでたまっていた口臭が一気に外に出されるので、普段以上に臭ってしまいます。前もって口での深呼吸をして、中の空気を入れ替えておきましょう。