口臭チェック

気になる口臭。中々他人は指摘してくれませんよね。それだけ恥ずかしいということなのでしょう。本当に口臭があるのかどうか、どんな臭いをさせているのか自分で簡単にチェックできる方法を紹介しましょう。あまりの臭さに驚きませんように……。口臭チェッカーも市販されていますので、あまり気になるようでしたら試してみるのもいいですが、あまり過信しないことも大切です。

口臭は内部から?口内から?

まず、口臭の元がどこからきているのかを知らなければいけません。臭いの種類でどこが悪いのか、どんな臭いがするのかを【病気からくる口臭】の項で、一覧で紹介していますので、そちらと照らし合わせて自分の臭いをチェックしてみましょう。体内部が原因でも口内が原因でも、口臭はさせないに越したことはありません。

 

色んな口臭チェック方法

口臭チェック方法は色々です。

コップを使って口臭チェック

清潔な乾燥しているコップを用意します。中の空気を入れ替えるために、チェックする前にコップを上下に振りましょう。その後、コップに息を吐き出して嗅いでみましょう。生理的口臭を調べる場合、朝起きてすぐ、口を開く前に調べるといいでしょう。それがあなたの生理的口臭になります。一番臭うと感じるかもしれませんが、朝一番の生理的口臭は、口をあけて喋ったりしているうちに、徐々に薄れてきますので、あまり心配しないようにしましょう。普段の臭いを確かめたい場合は、日中、食事をしたあとなどを避けて調べてみるといいでしょう。

ガーゼを使って口臭チェック

清潔なガーゼを1枚用意します。そのガーゼを使って、舌の奥を強めに拭いてみましょう。若干時間を置いてからガーゼのにおいを嗅いでみましょう。ガーゼが臭っていたら、実際のコウシュウはかなり強いと思った方がいいでしょう。ただ、実際の臭いがどんな臭いなのかわからないかもしれませんね。

デンタルフロスで口臭チェック

奥歯にデンタルフロスを使ってみましょう。数秒間動かしたものを見てみましょう。糸の部分に色がついていませんか? 少し時間を置くと臭いませんか? もし色や臭いがついている場合、強めのコウシュウがあるかもしれません。

 

口臭チェッカー

手の平にすっぽり納まる、コンパクトな口臭チェッカーが市販されていますが、あくまでも目安として使うようにしましょう。なぜなら、市販されている口臭チェッカーは簡易なもので、周囲の空気の臭いにも左右され、正確に計測することができないこともあるからです。

使うときは、香水やにおいのある整髪料がついていない状態で、使用しましょう。キッチンの近くで……なんていうのは問題外です。何度も言いますが、口臭チェッカーは目安にとどめておきましょう。

結果にコウシュウがないと出ていても、もしかしたら臭っているかもしれませんし、口臭がないのにあるという結果になるかもしれません。そしてこれは機械です。口臭の強い、弱いは測定できても、どんな臭いをさせているのかまでは分かりません。人と会う前のチェックに使う程度に留めておいた方がいいかもしれません。ちなみに口臭チェッカーとは、コウシュウの主な成分となる、揮発性硫化物、炭化水素系ガスをガスセンサーで測定するものです。

口臭チェッカーをかしこく使う

多かれ少なかれ、口臭は誰にでもあるものです。そして、朝起きたときから夜寝るまでの間、一定の臭いを放っているのではなく、強くなったり弱くなったりもします。口臭チェッカーをこまめに使っていれば、いつ、どんなときにコウシュウがきつくなってくるかが分かるでしょう。そうした傾向を知ることで、事前にケアをしたりできますので、こうした使い方をすると便利だと思います。口臭チェッカーの過信はいけませんが、うまく使いこなしていれば役にたつでしょう。